« 赤坂・とんかつ「和幸」 | トップページ | 赤坂・北京料理「中國名菜孫」 »

和光市・中華「華音」

L1020577

L1020578

L1020583

L1020584

L1020582

L1020586

『キュウリのさっぱりあえ』500円★
『クラゲ』800円
『卵スープ』500円
『青菜のさっぱり炒め』800円
『海鮮おこげ』1,200円
『“特製”麻婆豆腐』★

同じ趣味であるカメラの話、もちろん料理の話でも盛り上がる。著名な中華料理を渡り歩いてきた経験から、美味しい店の情報を教えていただけるのだ。そして、かつて一世を風靡したカメラをお互いが持っていて、懐かしさでまた盛り上がる。特に日曜日は夜遅い時間帯にはお客さんが訪れることが少ないらしく、途中からは「CLOSE」に切り替えて腰を据えて飲み交わしてしまうのだ。

話しているうちに麻婆豆腐の話題になった。日本に持ち込んだのは四川飯店の創始者である陳建民なのだが、現在の陳麻婆豆腐が固定する前の時代に四川飯店で鍋を振っていた経験があるという。有難いことに、話の流れからその当時の味を再現していただいた。パンチの利いた辛さと旨みが融合している、他では味わえないものだ。次回も披露していただけるかは分からないが、華音オリジナルに負けず劣らない素晴らしい味わいだ。

和光市・中華「華音」かのん
埼玉県和光市中央2-7-25
048-469-3155

|

« 赤坂・とんかつ「和幸」 | トップページ | 赤坂・北京料理「中國名菜孫」 »

和光市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106293/45944341

この記事へのトラックバック一覧です: 和光市・中華「華音」:

« 赤坂・とんかつ「和幸」 | トップページ | 赤坂・北京料理「中國名菜孫」 »