« 赤坂・坦々麺「希須林」 | トップページ | 赤坂・割烹「和知」 »

東京駅『幸福べんとう』

F1020055

F1020056

F1020057

『幸福べんとう』1,300円

竹かごに入ったレトロ調の駅弁だ。季節の焼き魚と煮物が主役のあっさりした内容だ。懐かしい雰囲気に惹かれた。

季節の焼魚として、鰤粕漬焼。駅弁にありがちなしょっぱい味付けではなく、上品で脂が乗っている。季節の煮物が程良い味の染み具合で、ホッとする美味しさ。かぶ、人参、蓮根、牛蒡、手綱蒟蒻という顔ぶれでどれも満足出来る仕上がりだ。

伊達ざくらポークを使っているという煮凝りのような豚角煮。駅弁の定番になっている「すし玉青木」の玉子焼は甘味を抑えたなもの。残念ながら帆立フライは、もう一つ。揚げ立てでない駅弁でフライ物を美味しく提供している業者はどのような工夫をしているのだろう。

「あきたこまち」を使った俵型のご飯には黒胡麻が振り掛けられて懐かしさもある。一つ一つが分かれているので食べやすい。子供の頃に一切れを取るのに固くて苦労したのを思い出した。お新香のベッタラ漬、紀州和歌山県産南高梅も主役になりうる美味しさだ。

全体的に淡白な内容ながら、充分に満足出来る。素材にこだわっているのが感じられる大人の駅弁だ。

|

« 赤坂・坦々麺「希須林」 | トップページ | 赤坂・割烹「和知」 »

駅弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106293/45774184

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅『幸福べんとう』:

« 赤坂・坦々麺「希須林」 | トップページ | 赤坂・割烹「和知」 »