« 『さつま汁』 | トップページ | 赤坂・熊本ラーメン「菜や」 »

池袋・居酒屋「坐唯杏」

L1020171

L1020178

L1020192

L1020174

L1020173

L1020175

L1020176

L1020198

L1020202

『生エビス』650円
『鰻鍋(2~3人前)』3,300円
『初鰹土佐たたき(普通盛)』880円
『からすみ』850円
『八丁味噌・レバーペースト車麩バゲット』780円
『焼き枝豆』580円
『伊太利亜蒸』780円

この日の目玉は夏限定の『鰻鍋』だ。鰻を丸で焼いてゴロッと入る。ゴボウと水菜がたっぷりで野菜の補給にも持って来い。他にも、ネギ、焼き豆腐、しめじ、えのき、くずきりが入る。鍋の後には玉子雑炊にして、刻み海苔と青ネギの薬味を添えて熱々を食べる。

『初鰹土佐たたき』は、皮が強めに焼いてあって芳ばしい。ニンニクスライスと一緒に食べる。軽く炙ってもらった『からすみ』や、タラモの変化球の『レバーペースト車麩バゲット』も美味しい。珍しいところで『焼き枝豆』があった。茹でないので、水に旨味が逃げないのだという。確かに味が濃い。

看板メニューの一つの『伊太利亜蒸』は必ず注文する。「日経レストランメニューグランプリ」にて、準グランプリを獲得したという。基本は茶碗蒸しなのだが、海老やあさりなどの海鮮、パスタ、トマトなどの地中海を思い起こす具に、チーズがイタリアン風を演出する。春菊がアクセントになっている。

手を替え品を替え様々なオリジナルの創作料理で、季節ごとに目と舌を楽しませてくれる。何度行ってもいつも新鮮な気持ちで、初めて訪れる店で味わうワクワク感があるのだ。入り口で靴を脱いで、ゆったりと時間を過ごせる。和風なのだが、ジャズが流れて洒落た印象だ。店員さんはきびきびとして、至って親切なのが気持ちが良い。

池袋・居酒屋「坐唯杏」ざいあん
東京都豊島区東池袋1-31-1 バロックコートB1
03-5957-2207

|

« 『さつま汁』 | トップページ | 赤坂・熊本ラーメン「菜や」 »

池袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106293/45598626

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋・居酒屋「坐唯杏」:

« 『さつま汁』 | トップページ | 赤坂・熊本ラーメン「菜や」 »