« 『いなり寿司』 | トップページ | 『八宝菜』 »

赤坂・居酒屋「きときと炙之介」

L1010786

L1010787

『能登豚の炭火焼定食』850円

能登・金沢から直送されるという素材を使った居酒屋で、1Fと2Fが「海鮮市場きときと」として魚料理、地下にある「きときと炙之介」は肉料理が主体になっている。仲間内では「地下きと」の愛称で親しまれている。

ランチでも『金沢のステーキ重』や『金沢黒カツカレー』など、地域性を前面に出している。その中でも最も気に入っているのが、今回の『能登豚の炭火焼定食』だ。980円で肉の大盛バージョンもあるが、普通盛りでも十二分のボリュームがある。

甘くニンニクの効いたジャンキーなタレに、炭火焼独特の芳ばしい味で、食欲が増す。脇役としてキャベツ、ニンジン、カイワレ、ニンニク醤油漬けが添えられる。これにワカメの味噌汁、キュウリの漬け物が付いている。ご飯の量は大盛の量が盛られる。

厚めで面積も広い豚が贅沢に使われているのだが、作り置きしているのか出てくる時にはいつも冷めている。そのためか肉の歯応えがあり過ぎるのが難点なのだ。明確に男性向けで、ガツンとしたものを食べたい時に利用したい店である。

赤坂・居酒屋「きときと炙之介」きときとあぶりのすけ
東京都港区赤坂2-10-15 宮原第2ビルB1
03-3560-3665

|

« 『いなり寿司』 | トップページ | 『八宝菜』 »

赤坂(洋食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106293/45387121

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂・居酒屋「きときと炙之介」:

« 『いなり寿司』 | トップページ | 『八宝菜』 »