« 『コンビーフポテト』 | トップページ | 『ソース両面焼きそば』 »

『焼肉丼』

L1010364

L1010365

地元の肉屋さんが食べたい料理を言うと、それに見合った肉を届けてくれる。昭和の時代には当たり前だった粋なサービスだ。調理する際の秘訣なども聞けたりして、とても重宝している。それでいて同等ランクの肉なら値段も手頃なのだ。

突然食べたくなったのは、赤坂の洋食屋「津つ井」の『ビフテキ丼』だ。すぐには行けないから自分で作る。肉の厚みはそこそこでも、やわらかさが大切だ。あの肉屋さんに頼めば何とかなる筈。

「網で焼いた方が美味しいよ!」肉屋さんのアドバイス通りに、フライパンを使わずに網でサッと焼いている。長ネギを一口大に切って一緒に焼いて添えている。

味は肉屋さんが特製のタレに漬けてから届けてくれている。焼き上がった肉を温かいご飯の上に並べる。ここでご飯が見えてはいけないのだ。「津つ井」に倣ってバターを一切れ乗せている。

持ってきてもらって、焼いて乗せるだけのお手軽メニュー。自分が作った思い入れがある分、『ビフテキ丼』を超えているのではないかと思ってしまう。

|

« 『コンビーフポテト』 | トップページ | 『ソース両面焼きそば』 »

家メシ(洋食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106293/45256244

この記事へのトラックバック一覧です: 『焼肉丼』:

» おやじの料理 ステーキ丼 [サラリーマンOB神戸家]
ランチのステーキ丼です 数日前のステーキ肉が一枚余っていたのを利用しステーキ丼を [続きを読む]

受信: 2009/06/07 09:04

« 『コンビーフポテト』 | トップページ | 『ソース両面焼きそば』 »