« 赤坂・海鮮料理「湊」 | トップページ | 『豚のしょうが焼き』 »

『ひじきの煮物』

L1010116

L1010117

定番中の定番のお惣菜だ。必ず使うのは、ニンジン、シイタケ。今回は高野豆腐を使っているが、油揚げや大豆を気分によって使い分けているのだ。

しっかりとしているのが苦手なので、やわらかい「めひじき」を使っている。まずはひじきと高野豆腐を水で戻す。

ひじきは水気をよく切ってからサラダ油で炒める。千切りにしたニンジンと細切りにしたシイタケを加えて更に炒める。

高野豆腐を加えて全体に油が回ったら、ダシ汁、酒、砂糖、みりん、醤油で味を付けて、汁気がなくなるまで煮ていく。

最後に下茹でしたインゲンを彩りに加えてみたのだが、入れるタイミングが早すぎて色が悪くなってしまった。今回はゴマ油を使わなかったが、やはり香ばしさを出すのには必要なのかもしれない。

物心ついた頃には当たり前に食卓に並ぶ献立だったのだが、祖母や母はひじきを「炊く」と言っていた。本当は「ひじき炊き」なのか・・・。

|

« 赤坂・海鮮料理「湊」 | トップページ | 『豚のしょうが焼き』 »

家メシ(和食)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
トラックバックありがとうございます。
高野豆腐はよく使うほうですが、
ひじきに使用したことはありません。
勉強になります。

80代の料理上手で有名な方からの教えですが、とにかく目を離さず水分を残さずに炒ることが美味しい秘訣だそうです。
これは、実践してみて本当だと思います。
同じ味付けでも随分美味しくなります。

投稿: ton | 2009/05/25 21:38

こんにちは。

味が染み込む食材として、油揚げと高野豆腐のどちらかを入れるようにしています。
味噌汁の具を油揚げにしたので、高野豆腐になりました。

目を離さず水分を残さずに炒ること。確かにそうなのかもしれません。
焦がさずに、味を具材に残さず含ませると考えれば納得です。
次回は念頭に入れて作ってみます。ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: shin | 2009/05/25 22:19

こんばんわo( _ _ )o
ブログの機能をあんまようわかってなくて
トエラックバックってのさっき気付きました(^-^;)
ありがとーございますo( _ _ )o

shinさんは殿方かなぁ・・・
殿方でもひじき、好きなんかなぁ(^m^*)
美味しいよね)))

ええとー・・・(・・*)
BM? Z3?

投稿: pegu | 2009/05/26 21:12

こんにちは。
コメントありがとうございます。

私もブログをよく知らなくて、最近になってからトラックバックを知りました。
共通の話題の記事を結びつけるというので、気に入りました。
ひじきは子供の頃から定番の献立でした。美味しいですよ。

投稿: shin | 2009/05/26 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106293/45128106

この記事へのトラックバック一覧です: 『ひじきの煮物』:

« 赤坂・海鮮料理「湊」 | トップページ | 『豚のしょうが焼き』 »