« 『キャベツと豚肉の重ね煮』 | トップページ | 赤坂・九州ラーメン「九州じゃんがら」 »

赤坂・洋食「旬香亭」

L1010030

L1010032

L1010036_3

L1010037

L1010038

L1010039

L1010040

L1010042

L1010048

L1010050

L1010051

『特製洋食弁当』2,100円
『和風オムライス』1,680円
『ロースカツレツ』1,680円

赤坂の喧騒から裏手に入った場所にひっそりと佇むような店の造り。石畳を通って店内に入ると、洋食の店とは思えない和の空間が広がる。和服で品の良い女性が対応してくれて、和室を洋室に改造したような床の間のあるテーブル席の部屋に案内された。

色々な料理を少しづつ食べてみたいと考えて、『特製洋食弁当』をチョイスした。料理が出されると丁寧な説明があって、とても分かりやすい。

エビカツと牛ヒレ肉のソテーを中心に、赤身が乗ったシーザーサラダ。オードブルのようにローストビーフ、マッシュポテト、ソーセージ、出し巻き、洋風の野菜の煮物など、多彩な顔ぶれだ。お店で出てくるのは珍しい枇杷も入っている。この日は筍の炊き込みご飯だ。玉ねぎのスープはふんわりとした舌触り。お新香まで美味しいのには恐れ入った。メロンのような色をしたスイカのデザートで、食後の余韻に浸る。

評判の高い『オムライス』は、しっかりと火を通した美しい玉子だ。筍の炊き込みご飯が覆われて、濃厚なダシの餡がかけられる。プリプリの海老がアクセントになっている。こちらは味が単調なために、最後にはやや飽きがくるような気がした。やはりコース料理の〆でいただくのが良いのだろうか。

メニューにはない『ロースカツレツ』も用意されていた。約3センチはあろうかという厚みがあって、食べ応えがある。ロースなのだが、脂身の処理がしっかりしていてあっさりとした味わいだ。姉妹店の「フレッツ」と食べ比べてみたいと思った。

ゆったりとした時間が流れて、自然とスローフードになっていく。味もさることながら、空間の居心地の良さ、行き届いたサービスに大満足のひとときだ。最後に和服の女性が店の外まで出てきて、姿が見えなくなるまで見送ってくれた。

赤坂・洋食「旬香亭」しゅんこうてい
東京都港区赤坂2-17-69 ムトウコーポ赤坂ビル1F
03-3585-8671

|

« 『キャベツと豚肉の重ね煮』 | トップページ | 赤坂・九州ラーメン「九州じゃんがら」 »

赤坂(洋食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106293/45065599

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂・洋食「旬香亭」:

« 『キャベツと豚肉の重ね煮』 | トップページ | 赤坂・九州ラーメン「九州じゃんがら」 »