« 日暮里・中国手打拉麺「馬賊」 | トップページ | 赤坂・中国料理「過門香」 »

『ほうれん草とベーコンのキッシュ』

L1000766

L1000769

L1000767

L1000772

L1000781

何となくコツが掴めて美味しく出来上がった前回の勘を忘れないために、一ヶ月を待たずして短期間で再挑戦する。

パイシートは市販のもの。これをパイ皿に敷いて、予め焼いて香ばしさを出すのがポイント。軽く炒めたベーコン、玉ねぎ、ほうれん草を乗せる。更にチーズをたっぷりふりかける。生クリーム、牛乳、溶き玉子に、塩コショウとナツメグで味を調える。これを注ぎ入れて、オーブンで約25分。一杯やっている間に出来上がってしまう。

ふわふわでとろける美味しさなのだが、チーズが偏ったような気がする。玉子液を入れてから、チーズは最後に入れるとまんべんなく行き渡るのではないか。そして、焼き時間がやや短かったのか、玉子が固まりきらずにやわらか過ぎてカットするのに苦労してしまった。余熱で固まるのを待ってから小皿に取り分ける事で切り抜けた。

牛肉の塊を使ったローストビーフをメインに据えようかと画策していたのだが、お腹が空いてしまってあえなく断念。出来合いの物を、皿にレタスを敷いて並べただけとなってしまった。雰囲気だけを味わっている。

今日は頂き物のイタリアワインの『コール・セッコ・ルビーノ』である。ミディアムボディと聞いたが、割と軽快な飲み口だ。時間が経過しても味の変化が少ないという印象である。こんな感じの赤ならどんな料理と合わせやすいだろう。

ワインと言えばチーズだ。普段はこの時間帯では面倒になっているところだが、頑張って並べて撮影にも成功。切らしてしまったハチミツの代わりにメイプルシロップを添えたパルミジャーノ、トリュフ入りゴーダチーズ、そしてエポワス。クラッカーとドライフルーツのイチジク、イチゴ、プルーンを添えた。

|

« 日暮里・中国手打拉麺「馬賊」 | トップページ | 赤坂・中国料理「過門香」 »

家メシ(洋食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106293/44925033

この記事へのトラックバック一覧です: 『ほうれん草とベーコンのキッシュ』:

« 日暮里・中国手打拉麺「馬賊」 | トップページ | 赤坂・中国料理「過門香」 »