« 『豚のしょうが焼き』 | トップページ | 『鶏ささみと三つ葉のわさび和え』 »

赤坂・西安料理「刀削麺荘唐家」

L1010129

L1010123

L1010126

L1010127

L1010128

『麻辣刀削麺』680円★
『西安式焼き餃子(3個)』250円

奥に広い造りで、手前にカウンターで奥にはテーブル席が二つ。相席は当たり前でグループであっても、バラバラに座る可能性も高い。一人ないし二人くらいで行くのが向いているだろう。

入り口の販売機で食券を買って振り返ると、ちょうど麺を削る作業をしている。小麦粉の塊を左手に持ち、右手の刀を水平に動かして瞬時に麺を作る。麺はそのまま鍋へ飛び込んでいく効率の良さだ。このパフォーマンスを見ながら自分の番を待つのだ。

やや小さめの器に刀削麺がぎっしりと詰まっている。料理人の腕によって麺の出来に差が出るために心配したが、麺の太さが揃っていて火の通り具合もちょうど良い。香菜の強い香りと花椒の痺れ加減も好みに合っている。

ひき肉の分量もちょうど良く、シャキシャキとしたモヤシが変化を与えて単調にならないのが良い。唐辛子が丸ごと入っているので、これに気を付けながらスープまで全て平らげてしまった。

餃子は見た目はちょうど良い感じなのだが、食べた瞬間に焦げ付いた味に口の中を支配された。ニラの味を利かせた味なのだが、焦げが全てを台無しにしている。まともに味わうことが出来なかったのだが残念。

看板のロゴなどから神田西口の「刀削麺荘」と関連があるのかと思ったが、調べてみるとあちらはいつの間にか「Xi`an シーアン」に店名変更している。資本関係から分裂したのだろうか。

赤坂・西安料理「刀削麺荘 唐家」とうしょうめんそう からや
東京都港区赤坂3-20-2 第3福富ビル1F
03-3586-3508

|

« 『豚のしょうが焼き』 | トップページ | 『鶏ささみと三つ葉のわさび和え』 »

赤坂(中華)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106293/45135839

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂・西安料理「刀削麺荘唐家」:

« 『豚のしょうが焼き』 | トップページ | 『鶏ささみと三つ葉のわさび和え』 »